ニュースリリース

2021年09月01日

「ふるなびカタログ」に新たに2自治体がリリースされました。

ポイントで後から特産品をゆっくりと選択できる「ふるなびカタログ」に新たに京都府南丹市・兵庫県南あわじ市が加わりました。

【ふるなびカタログ掲載自治体一覧】
京都府南丹市
森・里・街・ひとがきらめくふるさと『南丹市』。南丹市は、京都府の"おへそ"(ほぼ中央部)に位置する、緑豊かな自然に恵まれたまちです。京都の台所として付加価値の高い米や京野菜、乳製品などを生産しています。ふるさと納税を通じて、是非、南丹市の食をお楽しみください。


兵庫県南あわじ市
古くから御食つ国(みけつくに)として朝廷に食材を献上してきた「淡路島」。 中でも、島の最南端にある「南あわじ市」は、有名な淡路島玉ねぎの80%以上を生産し、また、世界三大潮流のひとつ鳴門海峡のうずしおを望み、自然豊かな環境に恵まれた食のブランドの宝庫です。


「ふるなびカタログ」は、ふるさと納税を行う先の自治体のポイントが付与され、ポイントを利用して、
後から特産品を選べるポイント貯蓄型の寄附方法を採用しております。

ポイントは、有効期限なし(※)のため、ふるさと納税した後、急がずゆっくりと特産品を選択できる他、
翌年のふるさと納税で更にポイントへ寄附を行い、積み立ててポイントを使用することも可能です。

また、ポイントの利用は時期を選ばないため、保持するポイントで、四季に応じて最旬の特産品を受け取ることができます。
年末の忙しい時期に急いでふるさと納税の返礼品を選ぶ手間もありません。
(※)一部有効期限がある自治体があります。