うなぎ白焼きの魅力を徹底解析!焼き方・解凍方法や人気の秘密をご紹介

うなぎ白焼きの魅力を徹底解析!焼き方・解凍方法や人気の秘密をご紹介

うなぎの食べ方といえば蒲焼が代表的ですが、白焼きを食べられたことはありますでしょうか。

うなぎの食べ方は白焼き・蒲焼・ひつまぶしなどあり、人それぞれの好みもあると思います。

美味しいうなぎの食べ方は数あれど、ここでは、うなぎ好きには大人気の白焼きについてご紹介していきます。

うなぎの白焼きとは

うなぎの白焼きとは

うなぎの白焼きとは、うなぎに調味料、タレ、油といった他の添加物は加えずに直接火にかけて焼き上げる調理方法を指します。

白焼きではなく、素焼きとも称されることもあります。

そして、うなぎの蒲焼は、白焼きにタレを付けて焼き上げたものです。

蒲焼きは、うなぎにタレを染み込ませるためタレの味がうなぎに大きな影響を与えることとなります。

従って、タレが美味しくなければ蒲焼そのものも美味しくなくなってしまうので、うなぎの素材・焼き方もですがタレの良し悪しが大きく影響を与える食べ方となります。

一方でうなぎの白焼きは、うなぎ本来の旨味を味わうことが大きな醍醐味であるといえます。

うなぎに含まれる脂を落としたり、旨みを閉じ込める、風味を付ける、焼き目を付けるためにも白焼きは行われます。

なお、この調理法は離乳期や病気などで味がついてないものの方が適切である場合などにもよく使われる調理法となっています。

このように、うなぎの白焼きは素材の味を最大限に楽しめる贅沢なうなぎの食べ方であるといえます。

白焼きうなぎの返礼品を見る

うなぎは冷凍しても美味しいのか

うなぎは冷凍しても美味しいのか

うなぎの白焼きは、特に素材がものをいう食べ方であることから、産地にこだわるべきであるといえます。

うなぎが名産地である場所であれば、漁獲されたらすぐに食べることもできますが、そうではない地域で食べようと思うと、うなぎの運搬なども考慮する必要があることからそのまま生で持ってくるというのが困難であるケースもあります。

そこで、うなぎを冷凍するという手法があります。

うなぎを冷凍すると品質が落ちてしまうのではないかと懸念される方もいらっしゃるかもしれませんが、酸化を防ぎながら適切に冷凍をすることによって品質が落ちることはありません。

また、うなぎを冷凍することによるメリットも存在します。

それは、賞味期限が長くなることです。

冷蔵保存であれば2・3日が賞味期限となりますが、冷凍することによって最大1ヶ月程度賞味期限を長くすることが出来ます。

すぐに食べるのであれば常温や冷蔵保存で問題ないですが、日を開けて食べる場合には冷凍保存するのがおすすめでしょう。

しかし、冷凍したうなぎをあまり何も考えずに解凍してしまうと、せっかくの美味しいうなぎが台無しになってしまうこともあります。

従って、うなぎを解凍する場合には手順を踏んで適切な解凍を行う必要があります。

うなぎの美味しい解凍方法について

急いでうなぎを食べたいかもしれませんが、焦ってはいけません。徐々に解凍することがポイントです。

1.冷蔵庫に入れる

冷凍庫から冷蔵庫に入れて徐々に解凍しましょう。

一気に解凍するのではなく、徐々に冷凍温度から冷蔵温度に変換していくことにより上手に解凍が出来ます。

2.流水で解凍する

うなぎが密閉されている袋に封入されているのであれば、シンクやバットなどに水を入れてうなぎを解凍することができます。

メリットは、水で解凍するため熱伝導がよく短時間で解凍が行えることです。

3.解凍プレートを使用する

市販されている解凍プレートを使用して解凍する方法もあります。

解凍プレートとは、素材にアルミや遠赤外線を放出するセラミック等が使われており、アルミを使った解凍プレートの場合では解凍プレートが室温を吸熱して冷凍食材を温めると同時に冷凍食材の熱を奪い、そしてプレート全体で放熱します。

この現象は、やかんなどで湧かしたお茶を水を張った鍋等に入れたら、鍋の水が温められると同時にヤカンの中のお茶が温くなるのと同じ現象なのです。

このように、熱伝導に優れた解凍プレートを使用することもおすすめです。

うなぎの解凍方法は、様々な手段があります。

一番良くないのは電子レンジで温めることであり、素早く解凍することができますが、うなぎの中まで部分的に火が通ってしまうことも懸念されますので、時間をかけてひと手間かけた解凍をおすすめします。

白焼きうなぎの返礼品を見る

白焼きうなぎの美味しい食べ方

白焼きうなぎの美味しい食べ方

うなぎの白焼きを美味しく食べる方法はいくつかあります。

鰻の持っている旨味を堪能したいという人には、白焼きで食べることはまさに贅沢の極みではないでしょうか。

鰻の白焼きは、素材の身の味を楽しむことを醍醐味としているため、塩やわさびで食べるのが一般的です。

なお、おかずとしても大変美味しく食べられるため、ご飯と一緒に食べるのもおすすめです。

具体的には、塩やわさびをのせて食べたり、わさび醤油などで食べたりすることでより一層ご飯と一緒に美味しく食べることができます。

また、お酒を飲まれる方にとってはお酒のおつまみとして非常に美味しい料理といえます。

特に鰻の白焼きは、ビールや冷酒などのおつまみとして最適であるといわれています。

ここでは、そんなうなぎの白焼きを最大限に美味しく食べるための方法についてご紹介したいと思います。

うなぎの調理方法について

うなぎの白焼きを作るにあたって、調理方法にも種類があるので、白焼きを美味しく食べるための調理方法についてご説明したいと思います。

1.焼く

料亭などでは1つ1つ丁寧に手焼きで仕上げているところが多いでしょう。

炭火を使うことによって、香ばしい香りも含めて楽しむことができます。

しかし、ご家庭で調理するときに炭火で焼き上げるのはハードルが高いこともまた事実です。

そんな時は、家庭用の両面魚焼きグリルなどがおすすめです。

魚焼きグリルで皮を上にして「ごく弱火」で4~5分白焼きします。

両面焼きじゃない場合は途中でひっくり返してください。

火加減は弱火で、串の出ている部分はグリルの手前の端になるよう注意しましょう。

このように、調理器具を使うことにより簡単に焼き上げることができます。

2.蒸す

うなぎを蒸し器で蒸す方法です。

うなぎを蒸すことによってふっくらと仕上げることができるので、こちらもおすすめです。

単純に蒸すだけでも良いですが、「1.焼く」での調理工程後、白焼きを蒸し器に入れて5分蒸します。

蒸し器がなければフライパンで酒を振りかけて蓋をして弱火で5分でも良いでしょう。

身が柔らかいのが好みなら、ゆっくりと20分位蒸すとふわふわになります。

このように調理することで、より一層美味しくうなぎの白焼きを食べることができます。

白焼きうなぎの食べ方いろいろ

次に、調理した白焼きをどのように食べると美味しいのかをご紹介したいと思います。

1.塩で食べる

1.塩で食べる

うなぎの素材を味わう食べ方としては、これ以上のものはないと言っても過言ではない王道的な食べ方です。

塩は元来、素材を引き立てる効果が高いといわれています。

白焼きの旨みを存分に味わいたい方は、塩で食べるのがおすすめです。

また、せっかく美味しいうなぎを食べるのですから、普通の食卓塩でも問題はないのですが、塩にこだわってミネラル豊富な岩塩を使用するとより一層うなぎの白焼きを美味しく食べることができます。

また、普通の塩でなく抹茶塩を使用するのもおすすめです。

抹茶の上品な苦みが塩に含まれているため、こちらもうなぎの白焼きとの相性は抜群であるといえます。

2.わさびで食べる

2.わさびで食べる

うなぎの白焼きに塩ではなく、わさびをちょっとだけ乗せる食べ方です。

こちらもうなぎの素材の味を最大限に活かした食べ方でです。

うなぎはそもそも脂が非常にたくさんのっている食材ですので、わさびとの相性が非常に良く、わさびのピリッとした味わいがアクセントとしてとても良く合います。

また、こちらも塩と同様、市販されている練りわさびでも問題ありませんが、わさびおろしですって使用する本わさびであれば、より一層うなぎの脂の美味しさを引き立たせることができるでしょう。

3.わさび醤油で食べる

3.わさび醤油で食べる

わさびに醤油を合わせて、わさび醤油にうなぎの白焼きをつける食べ方です。

品質の良いうなぎを白焼きにしたからこそ、お刺身のように味わえる食べ方であり、蒲焼では再現できない味わいです。

まとめ

日本には、土用の丑の日でうなぎを食べる文化がありますが、ほとんどの方は蒲焼で食べられているのではないでしょうか。

しかし、うなぎ本来の素材を味わうには白焼きが一番良い食べ方であるといえます。

うなぎを食べる機会があったときは、いつもと違う「白焼き」で素材そのままの美味しさを堪能してみてはいかがでしょうか。

白焼きうなぎの返礼品を見る