パスタの種類は500種類以上!定番から珍しい種類まで、おいしい食べ方を紹介

パスタの種類は500種類以上!定番から珍しい種類まで、おいしい食べ方を紹介

スパゲッティとは違うパスタを見かけたときに、どのように調理したらよいか困ったことはありませんか?

かわいい形や珍しいパスタなど、「使い慣れていないパスタは食べ方がわからない」という人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではさまざまな種類のパスタとおいしい食べ方を紹介します。

パスタの種類は500種類以上!

パスタの種類は500種類以上!

パスタは少なくとも500種類以上あるといわれていて、一般的に以下のような大きさや形状で区別されることが多いです。

  • ロングパスタ
  • ショートパスタ
  • 珍しいパスタ

種類によって、合わせるとおいしいソースや適した調理法もさまざまです。

代表的なパスタの特徴やおいしい食べ方を、種類ごとに見ていきましょう。

ふるさと納税でパスタを探す

代表的なロングパスタの種類

代表的なロングパスタの種類

ロングパスタは、スパゲッティに代表される長いパスタです。

長さは25cmほどのものが多く、太さによって食感などの違いを楽しめます。

スパゲッティ

断面:円状

太さ:約2mm

おいしい食べ方:
・ミートソースやトマトソースと和える
・オイルと和える

どのタイプのソースとも合いやすい万能パスタです。

スパゲッティーニ

断面:円状

太さ:約1.6mm

おいしい食べ方:
・トマトソースやオイルで和える
・和風の味付けで和える

スパゲッティよりも細いですが、日本ではこのサイズもスパゲッティと呼んでいます。

フェデリーニ

断面:円状

太さ:約1.4mm

おいしい食べ方:
・トマトソースで和える
・冷製パスタにしてお酢などと和える

フェデリーニは、スパゲッティーニよりもさらに細い棒状のパスタです。
あっさりとした味付けが合います。

カッペリーニ

断面:円状

太さ:約0.9mm

おいしい食べ方:
・バジルソースと和える
・冷製パスタにしてお酢などと和える

カッペリーニはのど越しや歯応えのよいパスタです。
桃やいちごといったフルーツを使った調理にも適しています。

カペッリ・ダンジェロ

断面:円状

太さ:0.9mm以下

おいしい食べ方:
・バジルソースと和える
・冷製パスタにしてお酢などと和える

カペッリ・ダンジェロはパスタの中で最も細く、別名「天使の髪の毛」ともいわれます。

ヴェルミチェッリ

断面:円状

太さ:約2mm

おいしい食べ方:ミートソースやバジルソースと和える

ヴェルミチェッリはモチモチした食感が特徴です。
肉を使った濃厚なソースや、香りがよいオイルソースが合います。

フェットチーネ

断面:長方形

太さ:幅約4~8mm、厚さ約1mm

おいしい食べ方:ミートソースやクリームソースと和える

フェットチーネは、イタリアの中南部が発祥で、硬質小麦粉と卵や水を使って作られる平らな麺です。
モチモチとした食感で、麺によくからむ濃厚なソースが合います。

タリアテッレ

断面:長方形

太さ:幅約3~7mm、厚さ約1mm

おいしい食べ方:ミートソースやクリームソースと和える

タリアテッレはイタリア北部が発祥で、軟質小麦粉と卵や水を練り合わせて作る、平らな麺のパスタです。
モチモチとした食感で食べ応えがあり、濃厚な味付けのソースと合います。

パッパルデッレ

断面:長方形

太さ:幅約10~30mm、厚さ約2~3mm

おいしい食べ方:クリームソースやチーズソース、ミートソースと和える

パッパルデッレは幅広で、分厚くて平らなパスタです。
ボリューム感があり、食べ応えがあります。

リングイネ

断面:だ円形

太さ:長径が約3mm、短径が約1mm

おいしい食べ方:トマトソースやクリームソース、バジルソースと和える

リングイネは断面がだ円状のパスタです。
もっちりとした食感で、濃厚なソースが合います。

キタッラ

断面:正方形

太さ:約2mm

おいしい食べ方:ミートソースやクリームソースやミートソースと和える

キタッラはイタリア中部の郷土料理が発祥といわれている、正方形に近い断面のパスタです。

ツィーテ

断面:円筒形

太さ:約5~8mm

おいしい食べ方:
・クリームソースやミートソースと和える
・チーズをかけてオーブンで焼く

ツィーテは真ん中に穴の開いた、太めのストローのような形のパスタです。
好みの長さに切って使うこともあります。

ブカティーニ

断面:円筒形

太さ:約2~3mm

おいしい食べ方:クリームソースやミートソースと和える

ブカティーニは真ん中に穴の開いた、ストローのような形のパスタです。

ふるさと納税でパスタを探す

代表的なショートパスタの種類

代表的なショートパスタの種類

ショートパスタは、マカロニに代表される短いタイプのパスタです。

形に特徴があるものが多いので、見た目も楽しめます。

マカロニ

断面:円筒形

大きさ:約3~5mm

おいしい食べ方:
・ミートソースやトマトソースと和える
・チーズをかけてオーブンで焼く

マカロニは日本で最も有名なショートパスタのひとつです。
イタリアでは「マッケローニ」と呼ばれています。

リガトーニ

断面:円筒形

大きさ:約8~15mm

おいしい食べ方:ミートソースやトマトソースと和える

リガトーニは太めの筒に溝が入っているためソースがよくからみます。
プルンとした歯応えが特徴です。

ペンネ

断面:円筒形

大きさ:約5~8mm

おいしい食べ方:トマトと唐辛子のオイルソース、ミートソースやトマトソースと和える

ペンネの特徴は両端のペン先のような形状です。
表面に溝が入っているものは「ペンネリガーテ」と呼ばれることがあります。

カヴァタッピ

形状:円筒がねじれた形状

大きさ:約2~4mm

おいしい食べ方:
・肉や魚介のソースと和える
・スープに入れる
・サラダにする

カバタッピは、マカロニをひねった「ばね」のような形状が特徴です。

ルマコーニ

形状:かたつむりの殻のような形状

大きさ:30~35mm

おいしい食べ方:
・肉類と和える
・クリームソースやチーズソースと和える

ルマコーニは生地が厚く中に空洞があるため、詰め物をして食べることもできます。

フジッリ

形状:らせん状

大きさ:50mm

おいしい食べ方:ミートソースやトマトソース、クリームソースと和える

フジッリはらせん状のネジのような形状で、中に穴はありません。
表面と中心に近い部分で食感の違いを楽しめます。

ファルファッレ

形状:蝶型

大きさ:約30mm

おいしい食べ方:クリームソースやトマトソースと和える

小さいながらも蝶ネクタイのような形状で凹凸があるため、ソースがからまりやすいです。

コンキリエ

形状:貝状

大きさ:10~20mm

おいしい食べ方:
・サラダにする
・トマトソースやクリームソースと和える

コンキリエは魚介の味と相性がよいため、タコや貝などと一緒に調理してもおいしいです。

ルオーテ

形状:車輪状

大きさ:約20mm

おいしい食べ方:トマトソースやクリームソース、たらこソースと和える

ルオーテは車輪のような形状から、「ホイールパスタ」とも呼ばれます。
ソースとからまる面積が広いのも特徴です。

オレキエッテ

形状:耳たぶ状

大きさ:約30mm

おいしい食べ方:ブロッコリーを使ったオイルソースと和える

オレキエッテは小さな耳たぶのような形状で、半球のようなふくらみがあるのが特徴です。

リゾーニ

形状:米粒状

大きさ約5mm

おいしい食べ方:
・スープと一緒に煮る
・サラダにする

スープで煮たリゾーニは、スープのうま味とモチモチとした食感を一緒に楽しめます。

ふるさと納税でパスタを探す

珍しいパスタの種類

珍しいパスタの種類

ロングパスタやショートパスタとは違う、少し変わったパスタを紹介します。

ラビオリ

形状:板状で中に詰め物がある

大きさ:約30mm

おいしい食べ方:
・トマトソースやクリームソースなどと和える
・スープに浮かせる

ラビオリは中にひき肉や野菜を入れる、餃子のようなパスタです。
ラビオリ自体の味が強いため、濃いソースと合わせるとおいしく食べられます。

ラザニア

形状:板状

大きさ:幅80~90mm

おいしい食べ方:ひき肉を挟んでオーブンで焼く

ラザニアは幅が広く板状のため、間に具やソースを挟んで調理します。

ニョッキ

形状:団子状

大きさ:約20mm

おいしい食べ方:クリームソースやトマトソースと和える

ニョッキは小麦粉とじゃがいもを練って作るパスタです。
ジャガイモが練りこまれているため、茹でた後はモチモチとした独特の食感を楽しめます。

クスクス

形状:粒状

大きさ:約2mm

おいしい食べ方:
・サラダにする
・トマトソースをかける

クスクスは北アフリカが発祥とされるショートパスタの一種で、ポロポロとした食感が特徴です。
粒が小さいため、お湯で戻してから使います。

ふるさと納税でパスタを探す

まとめ

パスタは500以上のたくさんの種類があります。

ここで紹介したパスタは代表的なものですが、種類によって食べ方もさまざまです。

ぜひ、おいしい食べ方を参考にして、パスタの良さを味わってください。

ふるさと納税でパスタを探す