素麺の茹で方を解説!フライパンやレンジの簡単調理法・保存方法まで紹介

素麺の茹で方を解説!フライパンやレンジの簡単調理法・保存方法まで紹介

素麺はツルっとしたのど越しのため、暑い季節や、食欲のないときにピッタリの麺類です。

またラーメンやパスタといった他の麺類に比べて、カロリーも低いため、ダイエット中にも適しています。

調理方法は茹でるだけと至って簡単ですが、茹で方を失敗すると粘り気が強くなったり、歯ごたえのない食感になってしまいます。

そこで今回は、素麺の美味しい茹で方について紹介。

基本の茹で方や、フライパン・電子レンジを使った茹で方、コシを出すポイントについて解説していきます。

素麺の基本の茹で方

素麺の基本の茹で方

ここでは、素麺の基本の茹で方について、順を追って解説していきます。

素麺を茹でるのが初めての場合は、ぜひ参考にしてください。

手順1:お湯を沸かす

大きめの鍋で、お湯を沸騰させます。

お湯は素麺100グラム(1人前)あたり、約1リットルを目安にしてください。

手順2:沸騰したら素麺を入れる

お湯が沸騰したら、素麺をパラパラと全体に広がるように入れましょう。

茹で時間の目安は1人前あたり、1分30秒~2分ほどです。

手順3:再び沸騰したら火加減を調節する

再び沸騰したら、吹きこぼれないように火加減を調節します。

お湯を対流させて、素麺に火が均一に通るよう沸騰した状態はキープしましょう。

手順4:流水でよく洗う

茹で上がったら、すぐにザルへ移し替えて、流水でしっかりと揉み洗いしてください。

水気をよく切ったら完成です。

ふるさと納税で素麺を探す

コシのある仕上がりに!フライパンで素麺を茹でる方法

コシのある仕上がりに!フライパンで素麺を茹でる方法

ここではフライパンを使った素麺の茹で方を紹介。

鍋で茹でる方法が一般的に知られていますが、じつはフライパンで茹でれば、粘り気の少ないコシのある素麺に仕上がります。

また茹でてから1時間以上経った後でも、粘り気はなくダマにもなりません。火を使う時間も少ないため、吹きこぼれの心配をしなくていいのも嬉しいポイントです。ぜひ試してみてください。

手順1:お湯を沸騰させる

フライパンで、お湯を沸騰させます。

お湯は素麺100グラム(1人前)あたり、約1リットルを目安にしてください。

手順2:フライパンに素麺を入れる

お湯が沸騰したら、素麺をフライパン全体に広がるようにパラパラと入れましょう。

手順3:再び沸騰したら蓋をして火を止める

お湯が再び沸騰したら、フライパンに蓋をして火を止めます。そのまま5分ほど放置します。

もう少し柔らかめの麺に仕上げたい場合は、時間を調整してみてください。

手順4:流水でよく洗う

5分経ったら素麺をザルに上げて、流水でしっかりと揉み洗いしましょう。

水気をよく切ったら完成です。

ふるさと納税で素麺を探す

簡単調理!電子レンジで素麺を茹でる方法

簡単調理!電子レンジで素麺を茹でる方法

簡単に素麺を茹でたい場合は、電子レンジで茹でる方法がおすすめです。

火を使わないため、火加減の調節や吹きこぼれの心配はいりません。他の料理をしながら調理できるため、時短にもなります。

忙しいときに、ぜひ試してみてください。

手順1:お湯を沸かす

耐熱ボールに水を入れたら、電子レンジに入れて8~10分ほど加熱します。ラップや蓋は必要ありません。

電気ケトルを持っている場合は、電気ケトルでお湯を沸かした方が時短になります。

お湯は素麺100グラム(1人前)あたり、1リットル前後を目安にしてください。

手順2:耐熱ボールに素麺を入れる

お湯が湧いたら、耐熱ボールに素麺を入れていきます。

火傷しないように、菜箸などを使ってかき混ぜながら、全体がお湯に浸かるように入れましょう。

手順3:素麺を加熱して茹でる

電子レンジに耐熱ボールを戻したら、約2~4分ほどラップなしで加熱していきます。

手順4:流水でよく洗う

加熱し終えたら、ザルに素麺を移し替え、流水で念入りに揉み洗いしましょう。

水気をよく切ったら完成です。

ふるさと納税で素麺を探す

素麺を美味しく茹でるポイント5つ

素麺を美味しく茹でるポイント5つ

ここでは、素麺を茹でるときに大切な5つのポイントを紹介します。

このポイントを意識して茹でれば、コシが出てツルッとした食感に仕上がるため、1つずつ確認していきましょう。

沸騰したお湯で茹でよう

麺を茹でるときに、水から茹でるかお湯から茹でるか迷ってしまいがちですが、素麺はお湯から茹でるのが正解です。

もし水から茹でてしまうと、素麺に火が通るまでに時間がかかり、伸びてしまったり歯ごたえのない食感になってしまいます。そのため素麺は、必ず沸騰したお湯で茹でましょう。

多めのお湯で茹でよう

100グラム(1人前)あたりの素麺に対し、お湯は約1リットルが目安です。

お湯が少ないと粘り気が強くなり、茹でたあとに麺同士がくっつきやすくなってしまいます。そのため素麺を茹でるときは、多めのお湯で茹でましょう。

梅干しや重曹でコシを出そう

素麺の原材料には小麦粉が多く含まれており、小麦粉の主成分はでんぷんです。でんぷんは加熱すると、くっつきやすくなるといった特徴を持っています。

しかし梅干しを素麺と一緒に入れれば、麺同士がくっつきにくくなり、コシのある麺に。梅に含まれているクエン酸が、素麺のでんぷんが溶け出すのを防ぐからです。

また重曹を加えたお湯で茹でても、コシが出て歯ごたえの良い食感になるため、ぜひ試してみてください。

他の調理に使う場合は茹で時間に気を付けよう

素麺を茹でたあとに、他の調理に使う場合は、茹で時間を通常より短くしましょう。

他の食材と一緒に炒めたり焼いたりする場合、麺が伸びてしまったり、固くなるのを防ぐためです。

素麺の茹で時間は約1分30秒~2分のため、もし他の調理に使う場合は、茹で時間を少し短くしてみてください。

茹でた後は流水でよく洗おう

茹でた後に、流水でよく洗わなければ、麺同士がくっつきやすくなってしまいます。

そのため素麺を茹でた後はすぐにザルへ入れて、素麺の表面についているぬめりや、余分な塩分を揉み洗いして落としましょう。

ふるさと納税で素麺を探す

茹でた素麺の保存方法と日持ち

茹でた素麺の保存方法と日持ち

茹でた素麺はできるだけ早く食べきった方が好ましいですが、食べきれずに残ってしまったり、一度にたくさん茹でて保存しておきたい場合もあります。

ここでは茹でた素麺の保存方法や、どのくらい日持ちするのかを紹介します。解凍する際のポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

冷蔵保存の場合

冷蔵庫で茹でた素麺を保存する場合、日持ちは2~3日ほど。

最初から冷蔵保存することが分かっている場合は、少し固めに仕上がるように、短めの時間で茹でましょう。麺は時間が経てば経つほど、どんどん伸びてしまうからです。

保存容器や皿に、麺同士がくっつかないように、少量ずつまとめて並べていきます。食べる際は水で少しほぐすと、食べやすくなるためおすすめです。

冷凍保存の場合

冷凍庫で茹でた素麺を保存する場合、日持ちは2~3週間ほど。

茹でた後に、水気をよく切ることがポイントです。少量をラップに包み、ジッパー付きの保存袋に入れて保存します。

自然解凍の場合、水分が出過ぎて食感が悪くなってしまうため、お湯にサッと通して解凍する方がおすすめです。またそのまま温かい出汁に入れれば、にゅうめんとして食べられます。

ふるさと納税で素麺を探す

まとめ

夏場や食欲のないときに大活躍の素麺。

お湯の量や、茹で時間などに気を付ければ、誰でも美味しい素麺を作れます。

ポイントを押さえて、コシのあるツルッとした食感の素麺を楽しみましょう。

ふるさと納税で素麺を探す