スイカの栄養と美容効果がすごい!美味しい食べ方と選び方、保存方法について紹介

スイカの栄養と美容効果がすごい!美味しい食べ方と選び方、保存方法について紹介

夏の風物詩といわれるスイカは、美味しいだけでなくダイエット効果や美容効果がある食材といわれています。 

また、冷やし方や切り方など少し工夫することで、さらに美味しくいただくことができます。 

今回は、スイカの「嬉しい栄養素」「美味しい選び方や食べ方」「保存方法」について詳しく紹介していきます。 

スイカの栄養素

スイカの栄養素

スイカには美容効果やダイエット効果など、嬉しい栄養がたくさんあります。 

トマトに含まれている成分の「リコピン」が、スイカにも多く含まれており、その含有量はトマトと比べて1.5倍と非常に高いです。 

このリコピンには、活性酸素を除去したり、シミやシワの予防になり美容効果があると注目されている成分。その他にも血糖値を下げたり、動脈硬化症を予防してくれる効果も期待できます。 

また「マンノシダーゼ」と呼ばれる糖質分解酵素を豊富に含んでおり、ダイエット効果に繋がります。 

スイカの効能 

スイカの種子と果肉には、カリウムという疲労回復や利尿作用がある成分を多く含んでいます。 

夏の暑さで疲れ切った身体に優しく、水分補給もできるため夏バテに効果があるフルーツの一つ。 

また、むくみ改善効果も期待できます。 

多くの人が食べずに捨ててしまうスイカの皮には、血流改善や抗酸化作用のあるスーパーアミノ酸「シトルリン」が含まれているため、血流状態をよくしてくれる働きがあります。 

シトルリンは他の果実にはほとんど含まれていない成分なので、むくみが気になる方はなるべくスイカを食べると良いです。 

スイカの返礼品を見る

美味しいスイカの選び方

美味しいスイカの選び方

美味しいスイカは、4つのポイントから見極めることができます。 

結論からいうと「音で選ぶ、ツルで選ぶ、模様で選ぶ、ヘソで選ぶ」この4つのポイントを知っておくと、美味しいスイカを選べるようになります。 

スイカを叩く

スイカを叩いて出る音で、熟しているか見極める方法があります。 

完熟しているスイカは「ボンボン」と澄んだ音が響きます。 

未熟だと「ポンポン」と高い音がし、反対に熟し過ぎている場合は低く重たい音になります。 

この見極め方は、慣れた人でないと判断は難しいといわれています。 

また売り物を叩くという行為は、マナー違反にも当たるのでオススメはできません。 

ツルの付け根がくぼんでいるか

スイカは完熟になるとツルの付け根が少しくぼみ、周りが盛り上がった形になります。 

ツルの付け根がくぼんでいない丸い形の状態は、未熟のサインなので避けてください。 

またツルがついている場合は、しなびれて枯れている物でなく緑色で新鮮な物を選びましょう。 

スイカの模様で見極める

美味しいスイカの条件として「水分が少ない」と甘みが凝縮されて味がはっきりしています。 

水分が程よく抜けた甘いスイカは、黒い模様の部分がくぼんでいることがサインになります。

見た目で判断することは難しいですが、撫でてみると分かりやすいです。 

また黒い模様の部分が濃ゆく、緑との境界がはっきりしているのも新鮮で甘いスイカの特徴になります。 

熟しているかヘソをみて確認

お尻のヘソは、スイカの熟し具合が分かります。

ヘソが小さい場合は、未熟の可能性があります。 

反対にへそが大きすぎる場合は、熟しすぎている可能性が高いと言えます。 

スイカ同士を見比べると大きさの違いに気づくことができます。 

スイカの返礼品を見る

スイカの美味しい食べ方を紹介 

少し工夫でスイカをさらに美味しく食べることができます。 

例えば、スイカは中心部分の甘みが一番強いのでカットするときに真ん中が均等になるよう工夫すると美味しく食べることができます。

この他にもスイカを美味しく食べられる工夫があるので紹介していきます。

スイカの正しい冷やし方

スイカは、食べる直前に冷やすことでさらに美味しくいただけます。 

ただ、冷やしすぎると甘さが落ちるので気をつける必要があります。 

美味しく食べれる基準は8〜10℃くらい、お家で食べる場合は水道水で冷やす方法が一番良いです。

水道水で冷やす時は、スイカ上半分に布巾をかぶせ、その上から少しずつ水道水をかけて冷やしていきます。

大きなボールや鍋があると、節水することもでき効率も良くなります。 

種の無いような切り方

スイカを食べる時は、口から種を出したり、先に取ったりと面倒に感じることはないでしょうか? 

切り方を工夫することで、ほとんど種のないようにカットする方法があります。 

横半分にカットすると、規則的に種があることが分かるので、種がある部分にそってカットすると、外側だけに種がくるようになります。 

いつも捨てる皮も美味しく食べれる 

スイカの皮は固くて捨てられることが多いですが、浅漬けにしたり、千切りにしてサラダに入れると美味しく食べることができます。 

一番外側の模様がついている皮は、薄く切って取り除きましょう。 

スイカの返礼品を見る

スイカの保存方法

スイカの保存方法

夏の風物詩の一つであるスイカは、上手に保存してあげると最後まで美味しく食べることができます。 

基本的にスイカは、常温保存が向いているフルーツといわれています。

冷やしすぎると甘さが落ちるため、食べる直前に冷やしてカットすると美味しくいただけます。 

カットしてないなら涼しいところへ

保存方法としては、非常に簡単です。

そのままの状態で風通しの良い涼しい場所に置いておくだけです。

なるべく直射日光が当たらないようにしましょう。 

スイカは追熟果実ではないため、保存期間が長くなればなるほど果肉は劣化し、シャリシャリという食感が失われてしまいます。 

常温での保存期間は、2週間〜1ヶ月と非常に長いですがなるべく早く食べるようにしましょう。 

カットしたらすぐに冷蔵庫へ

カットしたスイカでは、丸々と状態のスイカと比べて劣化が早く、正しく冷蔵保存しても2〜3日以内に食べ切るようにしましょう。 

また、普通に冷蔵保存すると乾燥してしまい美味しさが損なわれてしまいます。 

一切れずつラップをすることで乾燥を防ぎ、鮮度を保ってくれます。

冷凍保存という方法も

量が多くて食べきれない時は、冷凍保存してシャーベットやスムージにして楽しむ方法がありますよ。

冷凍保存の期間は、1〜2ヶ月と長い期間保存することできます。 

保存する場合は、食べやすい一口サイズにカットして種を取っておきます。

次に密封できるフリーザーパックに入れて、少し砂糖を加えてまぶして冷凍保存しましょう。 

食べる時は、10分だけ常温においてシャーベット風に食べたり、カットしたフルーツと凍ったスイカに炭酸水を入れフルーツポンチにしたりと色々楽しめます。 

すぐに食べやすく、夏の暑い季節にオススメの食べ方です。 

ただ常温解凍しすぎると、水っぽくなって美味しくなくなるので気をつける必要があります。 

まとめ

スイカは美容効果のある栄養素を含む、美味しく健康に良い食べ物です。 

女性に嬉しい効果がありますが、食べすぎるとお腹を冷やし、下してしまうこともあります。 

お腹が下しいやすい人は、くれぐれも食べる量には気をつけてください。

スイカの返礼品を見る