鮭とサーモンの違いとは。見分け方と特徴、美味しい食べ方をご紹介

鮭とサーモンの違いとは。見分け方と特徴、美味しい食べ方をご紹介

鮭・サーモンといえば、日本人に馴染み深い魚の1つだと思います。

旅館の朝食など、和食の定番として「味噌汁ごはん・煮物・野菜・鮭の塩焼き」という一汁三菜が挙げられます。
和食を代表する寿司でも、老若男女問わず人気を誇るネタの1つがサーモンです。

このようなことから、日本でよく食べられている鮭・サーモンですがスーパーの鮮魚コーナーや寿司屋などで見かけるサーモンは鮭と異なることが大半です。

この記事では、日本で流通している鮭とサーモン違いや、美味しく食べる方法をご紹介します。

鮭とサーモンは何が違う?

鮭とサーモンは何が違う?

「サーモン=鮭の英語読み」なので鮭とサーモンは同じ魚です。

しかし、日本でサーモンとして流通している魚は「トラウトサーモン」が大半でここに違いがあります。

見た目も味もそっくりですが、実はこの2つの魚は、同じ魚を使ったものではないのです。

サーモンは生食できる

サーモンは生食できる

サーモンは、鮭とは違って養殖が多い淡水魚です。

刺身や寿司で広く食べられているサーモンは、私たちが今まで食べてきたように、生で食べられます。

生で食べられる理由は、サーモンが栄養としているエサにあります。養殖サーモンは、粒状のエサであるペレットや魚粉を食べています。

これらのエサには食中毒の原因となるアニサキスが寄生することがないため、加熱処理をしなくても食べることができるのです。

トラウトサーモンの「トラウト」は「鱒」という意味であり、後述するように鱒は鮭と同じ種類の魚です。

鮭は天然物が多い

鮭は天然物・国産物が多く、海水魚です。

鮭と聞けば鮭の塩焼きや鮭フレークが思い浮かびますが、これらの調理法のように、鮭は加熱後ではないと食べられません。

それは、天然の鮭がエサにしている「オキアミ」が理由です。

オキアミはアニサキスという寄生虫を食べ、それを食した鮭はアニサキスの幼虫を寄生させてしまいます。

アニサキスを宿した魚を生で食べて食中毒になると、激しい腹痛や嘔吐などの症状が出ます。

鮭の身は赤に近いオレンジですが、赤身ではなく白身魚なんです。ではなぜ普段食べている鮭があの色なのかというと、エサであるオキアミが背景にあります。

オキアミにはアスタキサンチンという赤い色素が含まれているため、その影響で鮭の身の色がオレンジ色になっています。

サーモンの返礼品を見る

鮭とサーモンの保存方法と消費期限

鮭とサーモンの保存方法と消費期限

サーモンと鮭は育った環境が違うということがわかりました。そんなサーモンと鮭を美味しく食べるための保存方法・消費期限をご紹介します。

美味しく食べるための保存方法

サーモン・鮭ともに同じ保存方法で美味しく食べることができます。

よく白いパックのままで売られていますが、そのまま保存すると痛みが出やすいです。パックから取り出して水気を拭き取り、ラップで包んで保存するようにしてください。

冷蔵保存をしたあと、食べたり調理をしたりするのが翌日になってしまう場合は、ラップをする前にキッチンペーパーなどで包むと余計な水分を吸い取ってくれます。

冷凍保存をする場合は、急速で冷凍をするとうま味が逃げません。

急速冷凍をする場合は、ラップの上からさらにアルミホイルでぴったり包んで保存するのがよいでしょう。

お腹を壊さないための消費期限

消費期限は、保存状態により異なります。

消費期限を延ばせるとはいえ、鮮魚類は新鮮さが命です。そのため、できるだけ早く食べきることをおすすめします。

まず、サーモンの消費期限についてお伝えします。

冷蔵保存をする場合は、1日で食べきるようにしてください。冷蔵庫で保存すると、翌日でも美味しく食べられます。

チルド室で保存すると0℃前後、パーシャル室で保存すると-3℃前後で保たれます。これは冷蔵庫の3℃よりも温度が低いため、消費期限は2~3日と長くなります。1日で食べきれない場合は、これらに保存するのがよいです。

冷凍庫で保存した場合は、2週間ほど消費期限を延ばすことができます。

あまりにも量が多く、すぐには食べきれない場合は、冷凍庫を活用して美味しくいただくようにしてください。

次に鮭ですが、鮭の切り身の消費期限は冷蔵保存で2~3日持ちます。味を付けたものや加熱済みのものの冷蔵保存は、3~4日と少し消費期限が延びます。

チルド室やパーシャル室でも、生の切り身は3日後までの保存が可能です。

冷凍保存をすると、サーモンと同じく2週間ほどまで日持ちします。

サーモンの返礼品を見る

鮭とサーモンの美味しい食べ方

鮭とサーモンの美味しい食べ方

生で食べられるサーモンと、加熱処理を必須とする鮭の美味しい食べ方をまとめました。手軽なランチにも、ディナーの主役にも、肴にもぴったりです。

サーモンはシンプルに和える

サーモンは素材を生かした食べ方が人気です。

サーモンマリネ

マリネ液は購入するのも良いですが、手軽な材料で作ることができるのです。

マリネ液に漬けておくだけで完成するため、さっぱり食べたい夏や簡単に済ませたい夏におすすめです。

お酢の酸味とオリーブオイルの香りで、サーモンの美味しさを感じさせます。

さらに玉ねぎを加えると、シャキシャキとした玉ねぎがより一層お互いを引き立ててくれます。

他にも様々な野菜と和え、自分だけのオリジナルマリネを作ってみてください。

カルパッチョ

マリネと同じくらい人気かつ簡単な食べ方が、カルパッチョです。

マリネと同じくさっぱりしているため、夏やランチにも簡単に食べることができます。

おしゃれに盛り付けたあとにピンクペッパーでいろどりを加えれば、おもてなしとしてのメニューにもなります。

カルパッチョソースは基本的にどんな食材でも合いやすいため、残った場合は唐揚げや温野菜にかけると様々なアレンジが楽しめます。

塩昆布和え

塩昆布にオリーブオイルやレモン汁を加えると、和と洋が調和し、新しい美味しさを発見させてくれます。

ご飯に乗せたり、サラダに乗せたりするのも、程よい塩気がさらに滑らかになるためおすすめです。

真空状態で漬けるとおよそ20踏んで味が染み込むので、その間に家事やほかの料理をしたり他の料理を作ったりすることもできます。

カルパッチョに塩昆布を加えても美味しく食べられるため、カルパッチョに飽きが来てしまったときにも、アレンジの一環として違う美味しさを楽しむことができます。

わさび醤油和え

刺身で証明されていますが、わさびと醤油は魚介類に最も相性が良いといっても過言ではない調味料です。

わさびを隠し味程度に入れるとアクセントになり、素材の味を引き立てるため、まるで和風カルパッチョの様になります。

これはあまり辛さを感じないため、辛いものが苦手な方にもおすすめできる食べ方です。

鮭は蒸しと焼きでアレンジを

日本人が昔から食べ慣れている塩焼きでも十分美味しいですが、新たな食べ方に挑戦してみませんか。

バター焼き

そのままバターで焼くと、レストランで食べられるムニエルのようになります。

皮目をカリカリとするまで焼くと、余分な臭みが外に出ます。

最後にバター液をすくってかけると、鮭全体にバターの香りづけができ、風味が格段と上がります。

バターはいろいろな食べ方ができます。

ムニエルのように焼くだけではなく、バター醤油やバターポン酢などと合わせると、ごはんが恋しくなる味に変身します。

ガッツリ食べたいディナーにいかがですか。

マヨネーズ焼き

鮭もマヨネーズも味がしっかりしていますが、反発しあうことなく出来上がります。

意外にもシンプルな仕上がりになるので、シンプルな味付けが好みだけど塩焼きでは飽きてしまったという方にも食べてほしい一品です。

この上にスライスチーズを乗せると、ごはんだけではなくビールも欲しくなってしまうため、減量中の方には少し危険な一品です。

酒蒸し

「鮭の酒蒸し」、まるでダジャレのような名前ですが、きのこや野菜などと一緒にじっくりと蒸してみましょう。

酒と一緒に加熱することで、臭みが抑えられながら柔らかく、優しい味に仕上げることができます。

焼くのと違いヘルシーに食べることができるので、カロリーや脂質が気になる方でも笑顔で食べられます。

まとめ

サーモンと鮭は、養殖か天然かにより分類でき、それぞれがエサにしているものから、生食可能か加熱必須かにより分かれます。

新鮮なまま食べるのが一番ですが、食べきれないほどの量がある場合は、冷蔵や冷凍保存もできます。

サーモンも鮭も食べなれているかつ飽きがこないシンプルな食材です。

さまざまなアレンジを加えて楽しめるため、一人で好きなように食べるにも、大事な人と二人で食べるにも、大勢でパーティーのように食べるにもおすすめの魚です。

サーモンの返礼品を見る

うなぎの食べ方といえば蒲焼が代表的ですが、白焼きを食べられたことはありますでしょうか。 うなぎの食べ方は白焼き・蒲焼・ひつまぶしなどあり、人それぞれの好みもあると思います。 美味しいうな...
近年は新型コロナの影響によって、1年中マスクをつけることが当たり前です。 ですが、マスクはコロナ対策だけではなく、インフルエンザの防止や花粉症の人の対策としてもニーズがあります。 この記...