ふるさと納税サイト「ふるなび」

  • 「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線
  • 「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線
  • 「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線
  • 「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線
  • 「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線
  • 「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線
  • 「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線
  • 「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線
  • 「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線
  • 「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線

「屋良三線屋」の沖縄産クロユシギ三線

...

寄附金額:536,000

決済方法:
クレジットカード
Amazon Pay
PayPay
楽天ペイ
d払い

ログインすると条件を満たした寄附で最大 {{ sumMaxCoin() | separate }} コイン ({{ sumMaxRate() }}%) 獲得できます!
新規会員登録/ログインする

現在お使いのブラウザは、古いバージョンのためふるなびでは動作確認環境の対象外としております。
一部ページの表示が崩れたり、正常に機能しない場合がございます。
お手数ですが、以下よりGoogleChrome、Firefoxのインストールを行うか、Internet Explorerを最新のものにアップデートしていただきますようお願い申し上げます。

  • 寄附申込みフォーム内、寄附情報にある「寄附金の希望使い道」からお選びください。

真壁型(まかびがた)
名工といわれた<真壁>の作といわれています。
棹は細目です。天は中弦から曲がり、糸蔵が短くなっています。
三線の型のなかで、もっとも優美といわれ、真壁作の名器は「開鐘(けーじょー)」と呼ばれます。


【棹の材質】

「クロユシギ―昔から噂には聞いていたが見たこと無い。」幻と云われたクロユシギ、しかも貴重な沖縄県産のユシギです。地元沖縄の三線職人も驚く超貴重、超希少価値の材木を丹精こめて丁寧に仕上げた上等三線です。三線を作れるほどの大きさで質のいい沖縄産のユシギはとり尽くされてしまい、現在ではほとんど流通していません。そんな中、当工房が奇跡的に手に入れた上質で珍しいユシギを材に丹精込めて製作した三線です。

【クロユシギとは・・・】

琉球王朝時代から三線の材といえばクルチ(黒檀)とユシギ(和名イスノキ)といわていた程、三線に適している材で、クルチにつぎ名器が多く存在します。ユシギの中でも一般的なものよりも年数が数倍も経ていて、自然の厳しい環境の中たたかれてたたかれて少しづつ育った材なので、木目もしまり美しい模様が入っている上質で貴重な材です。

◆豊かさのシンボルとして

昔の沖縄において高価な蛇皮張りの三線を持っていることは、その家庭が裕福だということの象徴でもありました。門扉がなく、風通しのため雨戸をあけておくことも多かった琉球家屋。屋敷の床の間に三線を飾ることは、外を歩く人や招き入れたお客に自らのステータスを示すことを意味していました。古い文献には「米30俵と交換」「馬1頭と交換」「田畑と交換」など、沖縄の人々の三線への強い愛着を感じさせられる記述も多く残されています。

◆工芸品としての魅力

三線の魅力を語る時、美術工芸品としての価値も忘れてはいけない大切な要素の一つです。
熱心な三線愛好家の中には、三線のその美しい形状に対してまるで女性を愛でるように「ちゅらかーぎー(美人)」と形容する人も少なくありません。三線を漆塗りの箱に納め「飾り三線」と称し、たとえ弾けなくても持っていることに意味があったとされている時代もありました。また、床の間に三線2挺を飾る「夫婦三線(ミートゥサンシン)」を持つ事は縁起が良いとされています。

~職人さん~
屋良 常雄

野村流古典音楽・屋良流沖縄民謡吉栄会三代目家元。
吉栄会二代目会主の西銘春雄と琉球音楽界の巨匠・普久原朝喜に唄三線を、普久原京子に舞踊を師事(3名はいずれも吉栄会初代会主・又吉嘉昭 野村流大家の高弟)。
巨匠達から受け継いだ技術と心の継承に力を注ぎながら、県内外で演奏活動を行ういっぽうで、小学生時代から三線を作っており、すばらしい三線屋職人としての顔も持つ。また、屋良さんが作成する三線は独特な発想から見るだけでも面白い作品が多いです。まさに三線界の二刀流!!
屋良三線では、自分だけのウッド三線を作れる体験もあり、自分で三線を作った後に、その作った三線を使って行う三線体験教室もございます。

<工程>1、棹(三線の型を決める) 2、裁断・ヤスリがけ 3、仕上げヤスリ・塗り
4、皮を胴の形にする 5、胴に皮を張り上げる 6、各部品を組み立て調整し、仕上げる

<三線の型について>
型と言われても..と思っている方のために、簡単ではありますが、型について!
三線は棹、胴、カラクイ(糸巻き)から成り立っており、棹の形状によって型が決まっています。 代表的な7つの型!!その7つの型の由来は、琉球王国時代の三線作りの名工達の名前がつけられているとのこと。
~代表的な7つの型~
◆南風原(フェーバル)型
特徴:最も古い型と言われており、棹は細めで小ぶりなのが特徴です。
◆知念大工(チニンデーク)型
特徴:天と鳩胸にかすかに稜線があります。
◆久場春殿(クバシュンドゥン)型
特徴:三線の中では最も大型です。面に近づくにつれてだんだん太くなります。胴内部の心の付け根には段が施されています。
◆久葉の骨(クバヌフニー)型
特徴:棹は最も細く、面に近づくにつれだんだん太くなります。7型の中で最も小ぶりです。
◆真壁(マカビ)型
特徴:最も普及している型で、棹は細目です。天は中弦から曲がり、糸蔵が短くなっています。
三線の型のなかで、もっとも優美といわれています。
◆平仲知念(ヒラナカチニン)型
特徴:天の湾曲が大きく、中央と鳩胸の稜線が特徴的です。
◆与那城(ユナグシク)型
特徴:棹は厚みがあり、糸蔵は長めで鳩胸も大ぶりな作りです。通称ユナーと呼ばれています。

棹の太さや糸蔵の長さ、天や鳩胸の形などを見比べてその違いを見つけてみるのも面白いかもしれません!!


※天然の材料を使って製作しておりますので模様は一つ一つ異なります。予めご了承くださいませ。
※画像に写っているケースはイメージになります。デザインが変更になる場合がありますので予めご了承くださいませ


提供元:屋良三線屋

容量 配送
張り:本皮
型:真壁型
材:ゆし木・和名:イスノキ
※ケース付
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期
  • ギフト
  • のし
寄付受付から1ヶ月~2ヶ月
宜野座村からのご案内

【重要】2023年6月1日以降の返礼品配送に関するお知らせ

ヤマト運輸での「お届け先住所変更(転送)時の運賃収受の開始」により、
2023年6月1日発送分から、【送り状に記載された住所以外にお届け先を変更(転送)】する場合、
送り状記載のお届け先から変更後のお届け先までの運賃(定価・着払い)が必要となります。
転送運賃は受取人様に着払いでご負担いただくことになります。

そのため下記内容をご確認の上お申込いただきたくお願いいたします。
・お申込みの際は、お届け先のご住所にお間違いがないか
・返礼品発送前であればお届け先を変更いたすことは可能のため、
ご変更希望の際はお早目のご連絡をお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------

【ワンストップについて】
ワンストップ特例申請書の提出期限は、2025年1月10日必着です。添付書類と合わせて期限内に下記へご郵送下さい。

 〒904-1392
沖縄県国頭郡宜野座村字宜野座296番地
宜野座村役場 総務課 宛

▼▼▼下記よりダウンロード頂けます▼▼▼▼

・ワンストップ特例申請書
http://okifuru.com/onestop.pdf

・ワンストップ特例申請 添付書類貼り付け用紙、記入例
http://okifuru.com/onestop_doc.pdf

レビュー

応援メッセージ

総合評価:0.0
(全0件のレビュー)

レビューを非表示にする

寄附者からの応援メッセージ

2

応援メッセージを表示する
  • 彼方の音(響き)を聴きながら、 歴史に参加したい。。そう想っています

    2022年12月31日 13時02分 福岡県在住

  • 出来ましたら、首里城再建に役立てて頂きたいと思います。 宜しくお願い致します。

    2019年12月23日 18時33分 東京都在住

メッセージをもっと見る

工芸品の人気返礼品ランキング

集計期間:2024年4月9日~2024年4月15日

ランキングをもっと見る

おすすめ返礼品

最近チェックした返礼品

返礼品詳細ページの閲覧で、ここに履歴が表示されます。