ウニの旬な時期はいつ?種類と産地、美味しい食べ方を紹介!

ウニの旬な時期はいつ?種類と産地、美味しい食べ方を紹介!

高級食材としてもよく知られ、濃厚でくせになる味わいが魅力のウニ。

きっと、「お寿司屋さんでは必ずウニを頼む」という方も多いのではないでしょうか?


ふるさと納税の返礼品としても大人気のウニですが、実は、種類や産地によって最もおいしい時期が異なります。ぜひ、旬のウニを楽しんでください。

ウニってどんな生物?

ウニってどんな生物?

ウニの多くは海底表面に生息しており、主にコンブやワカメなどの海藻類を食べて生きています。

管足という、内部に体液の詰まった細長い管をくねくねと伸び縮みさせることで移動することができます。

管足はウニの足として使われているだけでなく、呼吸や排泄のときにも使われる器官です。

ウニは固い殻に覆われており、その表面にはとげが無数に生えています。見た目がハリネズミのように見えることから、ウニは英語で「海のハリネズミ」という意味の「sea urchin」と呼ばれています。

ウニの内部には消化管と生殖巣があり、私達が食べている「ウニ」はこの生殖巣の部分です。

ひとつのウニの中には5つの生殖巣が入っており、栄養状態の良いウニは生殖巣が隙間なくぱんぱんに詰まっているのが特徴です。

日本で獲れるウニの種類

日本で獲れるウニの種類

ウニには様々な種類がありますが、日本で獲れる食用のウニの種類は限られています。主なウニの種類について、ひとつずつ見ていきましょう。

バフンウニ

北海道を除く日本全国に生息している小型のウニです。

「馬糞」に似ているところから名付けられたバフンウニですが、短いとげが密生した見た目は何となくタワシを連想させます。

身は濃い黄色で、非常にまったりとした甘い味わいです。ウニの中で最も味が濃厚とも言われるほどで、その独特な風味に惹きつけられます。

エゾバフンウニ

バフンウニと名前は似ていますが、エゾバフンウニのほうがバフンウニよりも大型です。特に北海道で多く獲られています。

身の色は濃いオレンジで、口に含むと舌の上でとろけるような濃厚な味わいが魅力です。

エゾバフンウニは生産量が少ないことから、「最高級のウニ」とも呼び声高い一品です。

ムラサキウニ

黒くて長いとげをもつ、国内で最もポピュラーなウニです。

一般的にイメージするウニの形状と一番似ているのがこのムラサキウニではないでしょうか。

白色がかった淡い黄色の身はさっぱりとした味わいで、さわやかな磯の香りを感じることができます。上品な甘さが口の中で広がります。

キタムラサキウニ

主に北海道や東北地方で生産されるウニです。とげは比較的細く、サイズも小さめです。

身は薄い黄色で、しっかりとした粒が感じられるのが特徴です。

身がずっしりしており崩れにくいので、寿司ネタとしてもよく使われています。

ほんのりとした、淡白な甘みがあります。

赤ウニ

九州沿岸に生息する、暖かい海を好むウニです。希少価値が非常に高いため、「幻のウニ」とも呼ばれています。

身は、名前の通り赤みを帯びた濃い黄色をしています。

強い甘みが特徴で、鼻の奥にがつんと来るような濃厚な味わいです。

ウニの旬を産地別に解説

ウニの旬を産地別に解説

同じ国産のウニでも、産地によって旬が大きく異なります。

北海道

ウニの生産量日本一を誇る北海道。

北海道産のウニは貴重な資源であるため、獲りすぎることのないよう、特に産卵時期や繁殖時期などに場所に応じて禁漁期間が設けられています。

しかし、場所によって獲れるウニの種類や旬の時期が違うので、道内ではほぼ1年を通してウニ漁が行われています。

まず、1月中旬~6月にかけて羅臼で獲れるのがバフンウニです。3月に入ると襟裳・日高などではエゾバフンウニが取れはじめ、6月~8月は、利尻島や積丹で獲れるムラサキウニが旬を迎えます。

秋以降は、12月ごろまで松前などでキタムラサキウニの漁が盛んに行われます。

東北

東北地方では、キタムラサキウニとエゾバフンウニが特に多く生産されています。

青森で獲れるキタムラサキウニ・エゾバフンウニの旬が4月~6月、三陸地方ではキタムラサキウニの旬が6月~8月ごろです。

北陸・中国地方

北陸地方で獲れるムラサキウニの旬は、5月~6月ごろです。

「越前ウニ」で有名な福井県では、例年7月20日ごろにバフンウニの漁が解禁されるため、7月中旬~8月ごろに旬を迎えます。

中国地方では特に山口県のウニが有名です。

山口県では、ムラサキウニの旬が3月~4月、バフンウニの旬が6月~7月、赤ウニの旬が6月~8月ごろです。

九州

九州地方では、ムラサキウニの旬が4月~6月、赤ウニの旬が9月~10月ごろです。

温帯性の赤ウニは九州地方の西側で多く獲れますが、ほとんどが九州で消費されてしまうことから東日本にはあまり流通していません。

赤ウニが「幻のウニ」と呼ばれる所以はここにもあると言えるでしょう。

ウニのおいしい食べ方

ウニのおいしい食べ方

まずは生で

ウニといえば寿司ネタのイメージが強くあるように、何も手を加えずにそのまま食べるのはウニの最もメジャーな食べ方です。

磯の香りや独特の風味を堪能することができ、ウニ本来のうまみを楽しめるのが魅力です。

生ウニの楽しみ方は寿司ネタ以外にもあり、お刺身やウニ丼として召し上がるのもおすすめです。

しかし、生ウニの風味を苦手に感じる方も少なからずいらっしゃいます。

生ウニを苦手だと感じてしまう理由として、「生臭い」「苦い」「薬品臭い」という声があります。

実は、この独特な臭みの原因として、ミョウバンの存在があるのです。

ウニは非常に繊細な食材のため、水揚げしてから何も手を加えずにいると酸化してとけてしまいます。

これを防ぐためにミョウバンを混ぜた海水につけて保存しているので、ミョウバンの苦みがウニに移ってしまい、薬品臭さを感じてしまう場合もあるようです。

ミョウバンの入っていない海水で保存されている商品も多くあるので、今までウニに苦手意識を持っていた方もぜひチャレンジしてみてください。

塩ウニの作り方

福井県の名産品「越前ウニ」はウニを塩漬けにして加工したものですが、このような塩ウニは、生ウニとは違う食べ方として各地で楽しまれています。

塩ウニは生ウニと比べて日持ちしやすく、余計な水分が抜けるためうまみがぎゅっと濃縮します。

ウニ本来の甘みやまろやかさをさらにおいしく楽しむことができるのが嬉しいポイントです。

塩ウニそのものは商品として扱われてはいますが、生ウニの状態からご自宅で塩ウニを作ることも思ったより簡単にできます。

詳しい手順は以下の通りです。

  1. バットにキッチンペーパーを敷き、その上に生ウニを並べる(このとき、バットとキッチンペーパーの間に網などを置くとウニの水切りがしやすくなります)
  2. 塩(ウニ100gあたり10~12g程度)をまんべんなく振りかける
  3. ウニの上にさらにキッチンペーパーをかぶせ、冷蔵庫で30分以上置く
  4. できあがった塩ウニを、煮沸しておいた小瓶にスプーンで入れる

塩を振ることでウニの水分が出やすくなりますが、この水分は食べた時の生臭さの原因となるため、適度にキッチンペーパーを取り替えることがコツです。

しっかりと水分を抜くことで、ウニの生臭さが苦手な方も楽しめるようになるでしょう。

できあがった塩ウニは、そのまま食べてもお酒のおつまみなどにぴったりです。

クリーミーなパスタソースにしたり、特別感あふれるだし茶漬けの具にしたりなど、塩ウニをアレンジしても絶品です。

まとめ

旬のウニは身もたっぷりと詰まっており、濃厚で味わい深いうまみを存分に楽しめます。

種類によって風味も異なるため、食べ比べをしながら自分の好みのウニを見つけるのもおもしろいかもしれません。

各地で獲れるウニの旬を見極め、最もおいしい時期のウニを堪能してください。

うにの返礼品を見る

ふるさと納税の返礼品は自治体によってさまざまな種類があります。高級な食材やその地域ならではの特産品などもあり、選ぶのは難しいです。とくに、いくらは地域ごとの違いもわかりづらいので、どれを選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。今回は、数あるいくらの返礼品から、どう選べばよいのかを紹介します。
ふるさと納税を通じて、新型コロナウィルスなどで打撃を受けている事業者を応援することができる「緊急支援品」があることをご存じでしょうか。 この記事ではふるさと納税の緊急支援品と支援のための検索方...