三重県伊勢市ふるさと納税の特徴とは?伊勢海老、伊勢うどんなどの特産品もご紹介

三重県伊勢市ふるさと納税の特徴とは?伊勢海老、伊勢うどんなどの特産品もご紹介

海が近く歴史ある建造物が立ち並ぶ三重県伊勢市。

落ち着いた雰囲気と、おいしいグルメの数々は人々を惹きつけてやみません。

今回は、そんな伊勢市のふるさと納税についてご紹介します。

伊勢市の魅力や見どころ、おすすめの特産品やふるさと納税を使った寄附金の使い道も解説します。

初めてふるさと納税をしたけど、ちゃんと税額控除されているかどうか不安…そういう時には住民税決定通知書で確認することができます。控除に間違いがないかどうか、きちんとチェックできれば安心できますね。正しい確認方法を習得して、万が一控除の漏れがあった場合には適正に対処できるようにしましょう。

伊勢市ってどんなところ?魅力や見どころをご紹介

伊勢市ってどんなところ?魅力や見どころをご紹介

伊勢市といえば、伊勢神宮を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

伊勢神宮などの歴史ある観光スポットはもちろん、ほかにも伊勢市ならではの魅力がたくさんあります。

ここでは、伊勢市の魅力や見どころの特徴を3つご紹介します。

海が近くて伊勢海老やアコヤ真珠など海の幸が有名

伊勢市は海が近い場所に位置しており、伊勢海老やアコヤ真珠などの海の幸が有名です。

伊勢海老といえば高級食材の1つであり、10年以上もの長い間生き続ける長寿な海老としても知られています。

成長過程で脱皮を繰り返す性質から、出世の縁起物におくられることがあります。

ほかにも、アクセサリーに欠かせないアコヤ真珠がとれる地としても有名です。

お伊勢参りで有名な伊勢神宮がある場所

伊勢市といえば伊勢神宮がある地として有名です。

伊勢神宮は天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀っている、内宮や外宮などがあつまる場所。

合計125社の集合体であり、全国の神社の中心地として最大の聖域といわれています。

伊勢市の4分の1は神宮の森という自然豊かな地で、神聖で美しい空気に心身が清められると、世界中から観光客が足をはこんでいます。

年間のお祭りが約1,500回もあり、毎日日本の安泰を伊勢市から日々いのっているのます。

おかげ横丁などの有名グルメスポットがあるまち

お伊勢参りに訪れた観光客のため、伊勢神宮の周辺には有名なグルメスポットがあります。

その中でもおかげ横丁は、50軒もの食事処やお土産屋が並ぶエリア。

伊勢うどんをはじめ、季節の料理や地ビールなどの伊勢ならではのグルメがたのしめます。

有名真珠ブランドミキモトの真珠専門店などの工芸品も購入できる地として、観光客でにぎわっています。

三重県伊勢市の返礼品を見る

伊勢市おすすめ特産品4選

伊勢市おすすめ特産品4選

伊勢市のふるさと納税の返礼品の中でも、おすすめの特産品を4つご紹介します。

伊勢海老

伊勢海老は伊勢を代表する高級食材です。

三重県で採れた伊勢海老は、触覚にシンボルマークのタグがつけられた三重ブランドとして販売されています。

大きいものでは体長40cmオーバーのサイズがあり、国内最大の大きさを誇る海老です。

伊勢海老の価格は大きさや傷の有無などで変化しますが、500gほどで約1万円が相場。

近年は伊勢海老の値段が高騰している影響もうけ、ふるさと納税の返礼品としても人気があります。

松坂牛

伊勢市は松坂牛で有名な産地でもあります。

松坂牛は「肉の芸術品」と呼ばれ、日本三大和牛の1つにかぞえられています。

三重に訪れたのなら本場の松坂牛を味わいたいと考える観光客は多く、お伊勢参りの前後に松坂牛のグルメをたのしまれる方がいます。

そんな高品質な松坂牛はステーキやすき焼きが定番。

ふるさと納税の返礼品なら自宅にいながら、おいしい松坂牛をいただけます。

伊勢うどん

伊勢うどんは伊勢市発祥の歴史あるうどんです。

伊勢うどんが生まれたのは、お伊勢参りが盛んになった江戸時代。

「参拝客がいつでも食べられるよう」にと、ゆで続けたうどんに味噌だまりをかける調理スタイルのお店ができたことから、伊勢市周辺に広がっていきました。

太くやわらかい麺に、出汁がきいた黒いつゆをかけた見た目が特徴の伊勢うどんは、伊勢市民のソウルフード。

伊勢市ではスーパーマーケットにも1年中販売されているほど、メジャーな食べ物です。

太い麺は共通ですが、お店によってうどん用のつゆの味は微妙に違いがあるため、複数の伊勢うどんを食べ比べすることもおすすめです。

アコヤ真珠

アコヤ真珠はアコヤ貝から採取される、美しい真珠です。

伊勢市はアコヤ貝の養殖が盛んで、高品質なアコヤ真珠は国内だけでなく世界からも高い評価を得ています。

アコヤ真珠は定番のホワイトやクリームのカラーをはじめ、グレーやグリーンなどのカラーも人気です。

6~8ミリサイズが定番で、8ミリ以上のアコヤ真珠は大珠とよばれています。

日本人の肌になじみやすい、上品で優しい輝きはネックレスやピアスなどのアクセサリーを中心に、冠婚葬祭の場に身に着けるジュエリーとしても定番化しています。

三重県伊勢市の返礼品を見る

3通りから選ぼう!伊勢市のふるさと納税寄附金の使い道

3通りから選ぼう!伊勢市のふるさと納税寄附金の使い道

伊勢市のふるさと納税は、寄附金の使い道が複数用意されています。

使い道を指定しない方法も含めると合計11の使い道があり、自分の意思を反映させた使途で申し込めます。

数ある使い道の中でもおすすめしたい3つの取り組みをご紹介します。

子どもを産み育てやすい環境づくりへの取り組み

伊勢市では子どもを産み育てやすい環境づくりに力をいれています。

少子高齢化や都市部への人口集中がある中で、伊勢市の自然豊かな環境でゆっくりと子どもを育てるための環境に、寄附金がつかわれています。

とくに親と子の健康支援や、保育体制の充実に使用されています。

安心して老後を過ごすための「幸齢」環境を整える取り組み

日本の超高齢社会に対応するための寄附金の使い道も用意されています。

伊勢市では健康で生きがいを持ち、老後を安心して過ごせる「幸齢」環境を整えることを目的にしています。

シニアの方々の生きがいづくりのたえの支援や、健康づくり、介護予防の促進などに寄附金がつかわれています。

伊勢市の活力と安心を感じられるまちづくりへの取り組み

伊勢市に活力と安心を感じられるまちを目指して、地域同士のつながりの活性化が目的です。

地域コミュニティ活動を推進したり、古くから伝わる民俗行事の保存や継承のための支援をおこなったりしています。

伊勢市は歴史ある建造物が多く、伊勢神宮などの有名なお参りスポットがあります。

このような場所を守り、伝えていくために、伊勢市の住民同士のつながりや活動をサポートしているのです。

三重県伊勢市の返礼品を見る

伊勢市のふるさと納税の返礼品が届かないときの問い合わせ先

ふるさと納税の返礼品が届かないときの問い合わせ先

ふるさと納税を申し込んだあと、予定されていた時期になっても返礼品が届かなければ、伊勢市の担当部署に直接問い合わせましょう。

ただし、申し込んだときの状況によっては、自宅に返礼品が届かない設定になっている可能性があります。

たとえば問い合わせする前に、次の項目についてしらべておくとスムーズです。

  • 申し込み時の住所や電話番号に不備がないか?
  • 決済がきちんと完了しているか?
  • 返礼品を辞退するタイプの寄附プランに申し込んでいないか?
担当課企画調整課
住所〒516-8601  三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
ホームページhttps://www.city.ise.mie.jp/shisei/kifu/index.html

三重県伊勢市の返礼品を見る

まとめ

観光地だけでなく暮らす場所としても、さまざまな魅力にあふれている三重県伊勢市。

特産品もぜいたくな海の幸を中心に用意しており、寄附金の使い道も種類が豊富です。

この機会に伊勢市へのふるさと納税を検討してみてはいかがでしょうか?

三重県伊勢市の返礼品を見る

季節を問わず価格の安いもやしは、節約食材の代表格。味にクセがなく何にでも合うので、炒めもの・サラダ・スープなど、幅広いメニューに活用できるのも魅力です。「もやしっ子」という言葉のひ弱なイメージから栄養がないと思われがちですが、実は、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを中心に体にいい栄養がたっぷり。今回は、もやしに含まれる栄養と効能、栄養を逃さない保存方法や食べ方のコツもご紹介します。
北海道根室市は、広大な大地が広がる北海道の最東端に位置する町です。周囲を海に囲まれているため、美味しい海産物が有名で、多くの自然が残る自然豊かな町でもあります。今回は、そんな北海道根室市について、町の魅力や特産品、ふるさと納税をした場合の寄附金の使い道やトラブル時の対応など、まとめて紹介していきます。